鼻をかんでいる女性
  • ホーム
  • リレンザに副作用はある?

リレンザに副作用はある?

多様なカプセル

リレンザはインフルエンザの治療薬として処方される吸入薬です。
一日に2回吸入するのを5日間続けるのですが、気道にとどまってインフルエンザウイルスが増えるのを防いでくれる働きをします。
治療薬として使われる事が通常ですが、予防薬としても効果があり、保険適用外となりますが医師にお願いして処方してもらう人もいます。
内服薬に比べて吸入薬は高齢者や小さな子供には使いにくいため、あまり普及していませんでしたが、インフルエンザの内服タイプの治療薬であるタミフルの副作用による事故が起こったため、リレンザを希望する人が増えたという背景があります。
しかしリレンザに全く副作用の心配がないというわけではありません。
どのような薬にも副作用が全くないと言う事はありません。
その人の体質や体調によって副作用が強く出たり、あまりでなかったりと差があるため副作用の経験がない人は軽視しがちですが、どのような副作用があるかきちんと把握して服用後は注意深く経過を観察する必要があります。
リレンザの副作用としては、鼻の粘膜への影響が出て鼻血が出る、下痢や腹痛などのお腹の症状が出る、頭痛化する、吐き気がするなどの症状が出る事があります。
タミフルのような異常行動や精神的な症状の副作用は報告されていませんが、インフルエンザで高熱が出ると薬を内服していなくても、おかしなことを言ったり、見えないはずの物が見えるような幻覚症状が出たりする事があります。
幼児や思春期の子供に特に出やすい症状なので、よく見守っておく必要があります。
リレンザは副作用の心配が全くないわけではありませんが、インフルエンザ治療薬としては副作用の心配が少ない薬であると言えます。
医師の指導のもと、きちんと回数などを守って使う事が大切です。